kkana's blog

新米コーダーの忘れそうなことメモ

フランク・ゲーリー展に行ってきた

21-21でやってるフランク・ゲーリー展に行ってきた。

www.2121designsight.jp

ゲーリーというとグッケンハイム美術館、あとBTの自宅スタジオの設計者ってことくらいしか知らない状態だったけれど、展示の見せ方もわかりやすくて、すごく面白かった。

入ってすぐの展示室にはアクリルのキューブとかフェルトを波立たせて固定したオブジェとか、ガラスの塊とかがたくさん置かれていた。 ゲーリーの建築はそういう偶然できた形状を再現してるようにみえる。

でも次の展示室では、その複雑な形状をつくるときに最小限のコストになるように何度もシミュレーションして、施工会社と一緒に設計しているっていうビデオが流れていた。かっこいい。

プレゼン模型に至るまでに作られているたくさんの模型の展示も面白かった。

まず建物の機能のボリュームと配置のデザインをして、光彩を考えてまた位置を変えて、
そのあと表面を肉付けしていって、いろんな素材で表面の形を検討していって、3Dプリントで模型をつくって・・・。

ただただ奇抜な建築を作ってる人、というイメージから、奇抜だけど無駄のないように計算されたものを作ってる人というイメージに変わった。

日本にはゲーリーの建築は神戸にしかないみたい。(それも満足いかない出来だった、というやつ) いつか実物をみてみたいな。

このインタビュー記事が面白かった

10+1 web site|フランク・ゲーリーという多様体──われわれはその空間になにを見ているのか|テンプラスワン・ウェブサイト