kkana's blog

新米コーダーの忘れそうなことメモ

きものモダニズム展にいってきた

www.sen-oku.or.jp

大正〜昭和初期の絣の着物がいっぱい展示されていてこちらも面白かった。

今の時代からみて、「古い」という印象ではなかったのが驚き。
中でもポスターの柄になっていた水色地に紫、黄色、赤の幾何学模様なんて、一緒に展示をみていた人が「Perfumeぽい」といっていたけれど ほんとに、柄の大胆さと鮮やかさはステージ衣装のテキスタイルみたいだった。 しかも柄と柄の間にわざと白い余白をもたせてすこしずらしてプリントしたみたいな遊び、 絣どくとくの滲みというか、糸単位で図形のずれが起こっているところなんか、とっても素敵。よい。

アールヌーボーからアールデコへ、と副題に入っていたけれど、とくに昭和初期はアールデコが流行っていたんでしょうか。 大正の展示室にあった、西洋の花のモチーフの大柄のものも面白かったし、 昭和初期の無地に丸いギンガムチェックがはいっている絣も面白かった。 アクセントに銀糸がちょびっと入っていたり、わざと花弁の上にかかるように糸の色を変えていたり(花の上のみレイヤーがはいったみたいにみえる)色も派手で、う〜んおもしろ!