読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkana's blog

新米コーダーの忘れそうなことメモ

覚えたこと乱雑メモ

今日覚えたこと

encodeURIとencodeURIComponent

encodeURIはXMLHTTPRequestで使えない。GET 及び POST リクエストにおいて特殊文字として扱われる "&"、 "+"、 "=" がエンコードされない。 encodeURIComponentは上記がエンコードされるが、URI全体にかけてしまうと+や&が機能しなくなってしまう。

JQuery.ajaxのプロパティ

  • accepts
    リクエストヘッダを使って、ブラウザからサーバーにデータの形式を伝える
  • async
    非同期通信するかどうか
  • cache
    ブラウザによるキャッシュを有効にするかどうか
  • contentType
    送信データのコンテンツタイプを設定
  • dataType
    サーバから受け取るデータの形式を設定
  • password
    HTTPアクセスに認証が必要な場合は、このプロパティでパスワードを設定
  • username
    HTTPアクセスに認証が必要な場合は、このプロパティでユーザーネームを設定
  • type
    送信形式(getメソッド/postメソッド)を設定

labelタグの使用方法は2通りある

  • タグのfor属性の値と、フォーム部品のid属性の値を同じものにする
  • 内にフォーム部品とテキストを含める

input type ="renge"

だいたいこれくらい…といった度合いを指定するための入力欄

<form action="xxx.php" method="post">  
<label>レンジ(type="range"):<input type="range" name="range"></label>
</form>

Web Workers APIの使い方

wokerの作成

Worker スレッドで実行するスクリプトURI を指定した Worker() コンストラクタを呼び出す

var myWorker = new Worker("worker.js");

Worker とメッセージをやりとり

送る方(メインスレッド)

myWorker.postMessage([first.value,second.value]);

受け取る方
message イベントの data 属性にメッセージが入っている。

onmessage = function(e) {
  var workerResult = 'Result: ' + (e.data[0] * e.data[1]);
  postMessage(workerResult);
}

送った方(メインスレッド)もまたonmessageで

myWorker.onmessage = function(e) {
  result.textContent = e.data;
  console.log('Message received from worker');
}

Worker を終了する

(メインスレッド)

myWorker.terminate();

wokerのほう

close();

errorクラス

ブラウザによってプロパティが異なる?手元にあるサイ本(第五版)にもあんまり細いことが載っていない・・。 http://www.ecma-international.org/ecma-262/6.0/#sec-error-constructor ここだと messageとnameがある・・・???
throw文使ったことが今のところないので、Errorオブジェクトが必要な場面がぜんぜんぴんときてない
いつかわかりたい
http://uhyohyo.net/javascript/9_8.html

text-shadowのプロパティの順番

水平方向の距離 垂直方向の距離 影のぼかし 半径 影の色

cssの優先順位

ユーザーエージェント < ユーザー < 製作者
!omportantをつけると逆になる

JQueryであまり使ったことなかったセレクタ

  • $(":header") 見出し要素
  • $(":root") 最上位の要素
  • $(":target") ページ内リンクのリンク先の要素を選択
  • $(":animated") 現在アニメしている要素を選択
  • $(":gt(インデックス番号)") 指定したインデックス番号より大きい要素を選択
  • $(":lt(インデックス番号)") 指定したインデックス番号より小さい要素を選択

:link、:visited、:hover、:active の記述順序

http://jmblog.jp/archives/179